お酒が飲めなくてもガールズバーで働ける?飲めないときの接客術は?

この記事は4分で読めます。


高時給なナイトワークの中でも、気軽に働けることが人気のガールズバー。若い女性の中で人気が高まっているアルバイトですが、「私はお酒が得意じゃないし……」と悩んでいる方もいるでしょう。

もちろん、お客さんと一緒に楽しくお酒が飲めることにこしたことはありませんが、必ずしもお酒を飲まなくてはいけないということはありません。お酒が苦手なら苦手なりに、上手な接客術を身に着ければいいのです。今回は、お酒が苦手な女性に向けて、お酒が飲めないときの上手な接客方法をご紹介いたします。

 

なぜお酒が飲めないのにガールズバーで働けるの?

「ガールズバーで働く=お客さんと一緒にお酒を飲む」というイメージを持つ方もいると思いますが、実際にはお酒を飲まずに働いている女の子のキャストはたくさんいます。

そもそも、ガールズバーは18歳以上であれば働けるお店がたくさんあります。18歳以上ということは未成年のキャストもいるため、法的にお酒が飲めない女の子も在籍しているのです。そのため、お酒を飲むことを強制しているお店はほぼありません。

さらに、ガールズバーはキャバクラとは異なり、ドリンクバックの割合が低く設定されています。ドリンクバックは、お客さんに飲ませてもらった分だけお給料が上がるというシステムですが、これをあえて狙っていかなくてもしっかりと時給分のお給料はゲットすることができます。また、お酒だけでなく、フリードリンクでもドリンクバックをつけてくれるお店もあるため、お酒が飲めない女性はお店選びのポイントに入れておきましょう。

 

お酒が飲めない女性が覚えておきたい上手な接客方法とは?

・自分で薄いお酒を作る

ガールズバーでは、お客さんにお酒をご馳走してもらった場合でも、自分自身でお酒を作ることがほとんどです。そのため、自分でアルコールを薄くしたお酒を作ることもできます。

カクテルやウーロンハイなどは、パッと見ただけではアルコールの薄さは判断できないため、自分好みの味に作りやすいですよ。

このような方法は、一見ごまかしのようにも思えますが、多くのガールズバーやキャバクラなどでも当たり前のように行われています。無理をして苦手なお酒を飲み、悪酔いしたり体調不良になるよりも、美味しい飲み物を飲んで楽しく接客をするほうが賢い選択だといえるでしょう。

 

・お酒を飲まないからこそのキャラ作りをしておく

一緒にお酒を飲むことができなくても、お客さんを楽しませるための方法はたくさんあります。特に、お客さんの相談や仕事の悩みなどを聞いているときには、酔っ払っているテンションよりも、落ち着いた雰囲気のほうが好まれます。お客さんの話を真剣に聞き、親身に相談に乗ってあげることで、他のキャストとは違う一面をアピールすればいいのです。

お酒が飲めないからこそ、落ち着いた大人な雰囲気を売りにして、自分だけのキャラ作りをしていきましょう。

 

・接客力を高めてトークで盛り上げる

ガールズバーで働く上で、何よりも大切になるのがお客さんとのコミュニケーション能力です。楽しい会話を提供したり、面白いゲームや心理テスト、手相占いなどをチェックしておいたりと方法はたくさんあります。そのためには、一度来店したお客さんの顔や名前、趣味などをきちんと覚えておくのがポイントです。接客力を高めて、トーク楽しい時間を提供できるようにするのもひとつのテクニックです。

 

・お店のスタッフに上手に回してもらう

どうしてもお酒を飲まなくてはならないような場合には、スタッフにこっそりと合図することで、ついている席を離れることもできます。そのためには、普段からスタッフや周りのキャストと連携を取っておくことが大切です。お店全体でお酒が飲めないことを理解してもらえれば、お客さんからお酒を勧められたときも止めてもらうことができます。

 

ガールズバーは、キャストの女の子がお酒を飲む場ではなく、来店したお客さんを美味しいお酒と会話で楽しませるための場所です。

先述もしていますが、面接時や体入時にスタッフにお酒が飲めないことを伝えておけば、しっかりとお店側が配慮してくれます。お酒が飲めないからといって諦めず、まずは一度体験入店でお酒なしのガールズバーバイトに挑戦してみてくださいね。

 

以上、お酒が飲めなくてもガールズバーで働ける?飲めないときの接客術は?…という話題でした!

 

  • 日間
  • 週間
  • 月間