面接前にチェック!ガールズバーの志望動機に使える回答3つと注意点

この記事は4分で読めます。

ガールズバーの面接中にはさまざまな質問をされますが、その中でも回答に困ってしまうものといえば“志望動機”ではないでしょうか。昼職や夜職問わずに、仕事の面接で答える志望動機を考えるのは難しいですよね。

そこで今回は、ナイトワーク初心者の女性に向けて、ガールズバーの面接で使える志望動機の注意点や例をご紹介いたします。面接までにしっかりと準備をして、スムーズに面接を終えましょう!

 

ガールズバーの志望動機を考えるときの注意点は?

数あるナイトワークの中でも、気軽に働くことができるガールズバー。

私服OKや出勤時間自由、カウンター越しの接客ができるなど、女性には嬉しいポイントがたくさんあります。そのため、今やガールズバーの求人はどれも人気になっていて、面接がとても重要なカギを握っています。

「仕事内容が楽そうだから」「楽しくお酒を飲みながら働きたいから」といった安直な志望動機では、お店側に良い印象を与えることはできず、採用につなげることもできません。

ガールズバーでの仕事は、お客さんとコミュニケーションを取り、会話を盛り上げることがメインになります。気軽に働けるのがガールズバーのメリットではありますが、あくまで接客が仕事だということは忘れてはいけません。しっかりとした志望動機を用意しておき、お店側に良い印象を与えることが大切なのです。

 

ガールズバーの志望動機は「お金が欲しいから」でOK!?

ガールズバーで働こうと考える多くの女性は、お金を稼ぎたいからという理由が志望動機になっているでしょう。

一見、お金を志望動機に結び付けるのはNGだと思ってしまいますが、ガールズバーの面接では「お金を稼ぎたいから」という志望動機を使ってもOKです。

ガールズバーの最大の魅力といえば、やはり他のアルバイトと比べたときの時給の高さ。コンビニやレストランなどでアルバイトをするよりも、数倍高い時給で働くことができます。そのため店側のスタッフも、面接に来る女性のほとんどがお金を稼ぐことが動機になっていることはすでに知っています。その上で、稼いだお金を何に使うのかということが重要になるのです。「遊ぶためのお金が欲しい」「ブランドバッグがたくさん欲しい」というような理由ではなく、店側に「この子は真面目に働いてくれそうだな」と思わせるような理由を用意しておくことが重要になります。

 

ガールズバーの志望動機に使える回答例3

  1. 学費や奨学金を自分で支払っているから

とてもオーソドックスな理由ですが、学費や奨学金を自分で支払っている方は、それを志望動機にすることができます。生活をしながら、毎月数万円もの学費や奨学金を支払っていくことは大変ですよね。すると、少しでも時給の高いところで働きたいと思うのは当然のことです。定番な志望動機ではありますが、真面目でしっかりとした女性であるということをアピールすることもできます。

 

  1. 貯蓄をしておきたいから

1人暮らしをしている大学生や社会人の女性にとって、毎月決まった額の貯蓄をするのは難しいことでしょう。しかし、何かあったときのために、貯蓄ゼロでは不安になってしまいますよね。そこで、昼間のバイトや仕事とは別に、夜もガールズバーで働こうと考えるのは当たり前です。「将来のためにも、今からコツコツと貯金しておきたい」」という志望動機は、自立心と健全さのアピールにつながるでしょう。

 

  1. 夜から出勤OKのスタイルが生活に合っているから

夜遅くまで勉強や仕事で忙しい女性にとって、副業を始めるのは難しいことですよね。

とくに、キャバクラなどは深夜0時で営業が終わってしまうため、21時や22時から出勤をしても2~3時間程度しか働くことができません。しかし、ガールズバーであれば早朝5時まで営業している店も多く、夜遅くからの出勤でもしっかりと稼ぐことができます。

数あるナイトワークの中でも、なぜガールズバーを選んだのかという理由にもなり、たっぷりと働きたいという熱心さも伝わる志望動機だといえます。

 

 

面接は誰もが緊張するものですが、しっかりと志望動機を考えて準備万端の状態で臨めば落ち着いた態度で面接を終えることができます。

今回ご紹介した注意点やポイント、回答例などを参考にして、自分の志望動機をきちんと考えておきましょう。

 

以上、面接前にチェック! ガールズバーの志望動機に使える回答3つと注意点…という話題でした!

 

  • 日間
  • 週間
  • 月間