人気ナイトワーク「ガールズバー」と「キャバクラ」働くならどっち?

この記事は4分で読めます。


女性が活躍する夜のお仕事はたくさんありますが、その中でも「ガールズバー」と「キャバクラ」は人気を二分する職業です。

これからナイトワークを始めようと考えている女性にとって、どちらで働けばいいのかというのは悩みどころですよね。ガールズバーとキャバクラは、一見似ているようにも思えますが、実は仕事内容も営業形態も全く別物。働き始める前には、それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかりとチェックしておくことが大切です。

そこで今回は、夜のお仕事デビューを検討中の女性に向けて、人気ナイトワークのガールズバーとキャバクラの違いについてご紹介いたします。

 

煌びやかな夜の蝶「キャバクラ」特徴やメリット・デメリット

・キャバクラの仕事内容って?

キャバクラと聞くと、キレイなドレスに身を包んでヘアメイクを美しく整え、お客さんと楽しく会話をするというイメージを持つ方もいるでしょう。

確かに、美しく着飾ってキレイな外見をキープすることはキャバ嬢の大切な仕事のひとつですが、もちろん仕事内容はそれだけではありません。お酒を作って灰皿を交換し、タバコに火をつけるという基本的な流れはもちろんですが、お客さんの年齢や職業に合わせて会話を繰り広げ、自分を指名してもらい売り上げを伸ばさなければならないのです。売り上げを伸ばすためには、接客中だけでなくメールや電話で連絡を取り、日常的な会話をしたりお店に来るよう呼びかけることもあります。

また、キャバクラならではとも言えるのが、同伴やアフターなどの営業時間以外のお仕事です。同伴はお店の開店前にお客さんと会い、食事などのデートをしてから一緒にお店に出勤するというもの。同伴ができると、時給とは別に特別手当が出るので売り上げに大きく差がつきます。アフターは、お店の営業が終わったあとに食事などに行くというもの。アフターは売り上げに関係ありませんが、お客さんと仲良くなって次の来店や指名の可能性が高くなるというメリットがあります。

 

・キャバクラのメリットやデメリットは?

キャバクラの最大のメリットと言えるのが、頑張った分だけお給料が増えるということです。指名数を上げて、たくさんの顧客が持てるようになると、その分売り上げがアップしてお給料にも反映されます。お客さんをたくさん持ったままお店を辞め、別のお店へ移るという場合には、そのお客さんの数などによって基本の時給が高くなるため、日頃の頑張りがきちんと評価されるようになっています。

一方、デメリットといえばやはり、ノルマがあるところ。お店によってはノルマなしをアピールしているところもありますが、多くの店では個人の売り上げノルマがあります。目標を達成するためには、接客内容はもちろん営業時間外の頑張りが大切です。

 

楽しく稼げるところが嬉しい!「ガールズバー」の特徴やメリット・デメリット

・ガールズバーの仕事内容って?

お酒を作って男性のお客さんと一緒に会話を楽しむとなると、キャバクラと同じように感じますが、ガールズバーの場合はあくまでバーテンダーとしての接客というスタンスで営業をしています。そのため、キャバクラのようにお客さんと密着して席に座り、体が触れるようなことはありません。基本的には、お客さんとの間にはカウンターテーブルがあるため、

女の子がカウンターの中にいて、イスにお客さんが座った状態で接客をします。

そして、お酒を作るという仕事がメインになりますが、作り方は事前に教えてもらったりマニュアルを見ながらできるので、腕に自信がなくてもOKです。はじめのうちは慣れない作業に戸惑うこともありますが、1つ1つゆっくりと覚えていくことが大切です。

 

・ガールズバーのメリットやデメリットは?

ガールズバーのメリットは、女の子同士の仲が良く楽しい雰囲気の中で働けるということ。

同世代の女の子がたくさんいるので、お店の中で友達を作ることができます。

また、ガールズバーには原則的に指名などの制度はないため、営業行為をしなくてもOKというのも嬉しいポイント。キャバクラでは指名数が直接お給料の額につながるため、指名の取り合いがバチバチと繰り広げられることも多いですが、ガールズバーでは指名が関係ないので仲間意識が芽生えやすいのです。お客さんとのラインや電話番号の交換などをしなくてもいいのもメリットで、プライベートと仕事を分けたいという方にこそおすすめです。

夜のお仕事で普通のアルバイトよりも稼ぎたいけど、ゆるく楽しく接客を楽しみたいという方にはガールズバーが向いているでしょう。

これに対して、キャバクラと比べると時給が安くなるというのがデメリットです。

 

 

ガールズバーもキャバクラもどちらも人気が高い職業ですが、ナイトワーク未経験の場合には、自由度が高いガールズバーでのアルバイトがおすすめです。シフトに融通が利きやすく、安全度も高いガールズバーで働いて、楽しくお給料をゲットしちゃいましょう。

 

以上、人気ナイトワーク「ガールズバー」と「キャバクラ」働くならどっち?…という話題でした!

 

  • 日間
  • 週間
  • 月間